犬にとって人間の子供はどんな存在?犬と子供の関係を解説します。

犬の写真 犬の気持ち

わが家の愛犬「きのさん」は香川県で保護された、元野犬のビビリな保護犬です。
そんな、保護犬との生活での経験をブログで紹介しています。

 

わが家の保護犬「きのさん」はとてもビビリで神経質な犬です。

最初「きのさん」を受け入れる時に、保護団体の方では譲渡先について、子供がいない家庭を優先的に検討されていました。

わが家は子供がいるので条件的には悪かったのですが、わが家の「きのさん」への熱意が伝わったこと、そしてわが家の状況もチェックしてもらい、保護団体の方も譲渡先として選んでいただきました。

今では、「きのさん」と子供たちは良き相棒となっています。

犬の写真

今回はそんな、犬と人間の子供との関係性について調べたので紹介していきます。

 

 

犬のライバルは人間の子供

 

人間の子供は行動が予測できないので、犬にとっては心の休まる時間がありません...

対処法は、子供もしつけに参加することで、犬よりも順位が上になることが重要だそうです。

 

 

無邪気な者同士の対立

子供は目につくいろいろな物に興味があります。

それによって不意な行動をとることがありますよね。

この感じって犬と一緒ですよね^_^;

犬も何でも匂いを嗅いでみたり、くわえてみたりと、不意な行動をとりますよね。

この似たような行動をとる子供と犬は、実はお互いをあまりよく思ってないことが多いそうです。( ;∀;)

 

犬の心の中は、いつも手加減なしに叩かれたり、引っ張られたり、お昼寝の邪魔をされたりと...

子供に構われることでストレスが溜まってしまうようです。

 

一方、子供の心の中は、可愛がってあげてるのに急に噛まれたり、吠えられたりと...

なんで自分のいうことを聞いてくれないのか不思議に思っていることでしょう。

 

 

子供もしつけに参加する

このようなお互いの心をみると、子供のいる家庭で犬を飼うのは難しいと感じてしまいますよね。

でも、お互いをうまく理解させれば、兄弟のようなよき遊び相手になるのです。٩( ”ω” )و

 

解決方法はそんなに難しいことではなくて、子供もしつけに参加することです。

犬のしつけはつい大人だけで行いがちですが、しつけは家族全員で行いましょう。٩( ”ω” )و

子供も犬より上の順位にいなければいけないので、子供もしつけに参加することが重要です。

犬にも子供のほうが順位が上だと理解させることで、問題となる行動は解決していきます。

 

 

まとめ

 

犬と子供の関係についてまとめると、

犬と子供の関係は・・・犬と子供は似た者同士 「犬」VS「子供」
解決方法は・・・子供が家族と一緒にしつけに参加する
しつけに参加することで・・・犬は子供のことを自分より格上だと認識する
そして・・・兄弟のような関係になる!

 

 

わが家では、「きのさん」を迎え入れて3年ほど経ちます。

今では、「きのさん」にとって子供たちは、

お姉ちゃんは甘えられる存在と思っているようで、

犬の写真

下のぼくちんは良い遊び相手となっています。

犬の写真

子供たちにとっても、「きのさん」にとってもなくてはならない存在ですね。(*^_^*)

今回の記事が、子供がいて犬を迎え入れようとしている方に、少しでも参考になれば嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


ペット(犬)ランキング

 


タイトルとURLをコピーしました