わが家の保護犬の散歩コースと、散歩の時のルーティンを紹介します!

犬の写真 保護犬との暮らし

みなさんは、お決まりの散歩のコースや散歩の時のルーティンになっているようなことはありますか?
わが家の愛犬「きのさん」は香川県で保護された、元野犬の保護犬です。
そんな、保護犬との生活での発見をブログにしています。
今回はそんな「きのさん」の散歩コースや散歩の時のルーティンについて紹介します。

散歩コース

「きのさん」の散歩コースはざっくり分けると2パターンあります。

  1. 自然たっぷり、森と田んぼコース
  2. 畑と、ちょっと住宅街コース

ちなみに「きのさん」は朝と夕方2回散歩に行っています。このざっくり2パターンを朝と夕方で分ける時もあれば、両方同じようなコースの時もあります。

同じコースの時は、朝と夕方で反対周りにしたり少しでも変化が出るようにしています。どのコースにするかは「きのさん」と一緒に行く人の気分次第なんですけどね^_^;

また、ざっくりと分けたコースの中でも通る道は1本ずらしたり、曲がる場所を変えたりする日もあります。

 

1. 自然たっぷり、森と田んぼコース

このコースは、主に朝の散歩で行くことが多く、人も車も少ないので「きのさん」にとってはとても慣れた道です。

森の中でモグラのかき出した土の匂いのチェックをしたりしながら散歩するのです。

このコースは虫も多く、夏の朝はこのコースを通るとクワガタやカブトムシがいるときもあります。

田んぼのに出ると、シラサギなどもいて結構お気に入りのコースです。

 

「きのさんじゃなくて、お前がかいっ!!」

 

暑い時期の朝にこのコースに行くメリットの1つは、日影が多いこと。

夏場は特に朝出遅れて、7時過ぎてくるともう暑いですからね。日影多めのコースは譲れません!!٩( ”ω” )و

ちなみに、このコースのデメリットは蚊がメチャ多いことです...

夕方にこのコースに行きようものなら、蚊がどこまでも耳の周りを追ってきます...( ;∀;)

もはや修行の域ですな...

犬の写真

 

2. 畑と、ちょっと住宅街コース

このコースは、夕方に行くことが多いコースです。

夕方に行くと、人や散歩している犬にも会えるので、またの名を「きのさん大満足だワン!」コース。

畑ゾーンでは夕方に畑仕事しているおばちゃんと話して、畑の花の匂いを嗅ぐのです。

「きのさん」はこう見えて一応女子です。

若いピチピチの女子です!!

そしてこのコースでは、お友達のワンちゃんにも会えるので「きのさん」がルンルンにもなれるコースなのです。

ちなみに「きのさん」散歩しているワンちゃんを見つけると、待ち構えて動きません...

犬の写真

 

散歩のルーティン

「きのさん」の散歩のルーティンは、「出発前」と「家に帰ってきてから」とあります。

 

出発前のルーティン

「きのさん」は「散歩行くぞ〜」って声をかけると、目をキラキラさせて何故か階段を2階まで一気に駆け上がります。

ウォーミングアップ?

そして玄関で「おいで~」と呼んでいると、自分で玄関のドアの前に行き、ハーネスやらを装着できるようにじっとするのです。

ちなみに、この時の「きのさん」のビビリ発動ポイントがあり、玄関に靴などが多くあると途端に警戒して、

玄関に降りようか...

でもちょっと怖い...

でも散歩に行きたい...

もう、どうしたらいいワン...( ;∀;)

と、戦いが始まるのです。

犬の写真

 

家に着いてからのルーティン

「きのさん」は家に帰ってくると、庭の木の下に入り「あ~疲れた」と言わんばかりに一息つきます。

犬の写真

そのまま「きのさん」に付き合ってると...

寝た...(゚д゚)!

永遠と木の下にいることになるので、

「おうち入るよ〜」と声を掛けると...

...

...

はい、無視( ;∀;)

こういう時は、魔法の言葉٩( ”ω” )و

「だっこしちゃおうかな〜」

これを言うと、

はっ!(゚д゚)!

と、一瞬で立ち上がり、猛烈に庭を駆け回ります。

でも、逃げる訳ではなくて、この魔法の言葉は「きのさん」の中では「遊ぶよ」と勘違いしてるかもしれません。

1人で庭中を八の字に走って遊んでます。^_^;

しばらくすると、

満足するのか、ウッドデッキに駆け上がりそのまま家に入ってくれるのです。



 

まとめ

今回は、わが家の散歩コースと散歩のルーティンを紹介しました。

まだまだ、散歩のルーティンや、保護犬との生活で「あるある」行動はあるので、また紹介していきたいと思います。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


ペット(犬)ランキング

 

      

   


タイトルとURLをコピーしました