犬のいる暮らし!保護犬を受け入れてからの1日の流れを紹介します。

犬の写真 保護犬との暮らし

わが家の愛犬「きのさん」は香川県で保護された、元野犬のビビリな保護犬です。
そんな、保護犬との生活での経験をブログで紹介しています。

 

今回は、そんな保護犬「きのさん」を迎え入れてから、犬のいる生活の1日の流れを紹介します。

 

これから犬を飼おうと思っている方、保護犬を受け入れようか考えている方に少しでも参考になれば嬉しいです。

 

 

 

 

犬との暮らし。1日の流れ

 

犬を迎え入れてからの生活で、一番大きく変わったことは散歩に行くことです。

散歩に行くようになってから多くのメリットがあったので、今回はそこについても紹介していきます。

 

 

 

起床

わが家の「きのさん」の起床は家族みんなに合わせてくれます。

夜はリビングで寝ていたり、廊下で寝ていたり、寝室で寝ていたりとちょこちょこ場所を変えて寝ているみたいです。

優しい「きのさん」は家族の誰かが起きると、まだ寝ている人の布団に来て、最後の人が起きるまで布団の上で一緒に寝てくれます。

この時が一番「きのさん」を触っても許してくれる時間...(≧▽≦)

朝は許してくれるのに、それ以外の時間に近寄って触ろうとすると逃げます(;^ω^)

さすがに寝坊しすぎると、手でちょんちょんとして起こしてきます(∩´∀`)∩

内心は、いい加減に起きろーーっ(ー_ー)!!

といったところですね...

 

 

朝ごはん

「きのさん」の1日の楽しみのひとつ。ごはん。

朝ごはんは、みんなが食べる時間に一緒に食べます。

でも、朝は散歩に行かないと気がのらないのか、食いついてこない日も多々あるのです。

 

 

朝散歩

「きのさん」の散歩は1日2回朝と夕方に行っています。

朝は大体、自然たっぷりの約20~30分のコースです。

季節によって朝の散歩の時間も少し前後させてます。

夏は朝の散歩の時間が遅くなると太陽が出てきて暑いので、なるべく熱くなる前の早い時間帯にいっています。

逆に冬は太陽が出ないと寒いので、少し遅めの時間に行ってます。

わが家の「きのさん」は散歩が大好きなので、雨の日も、風の日も、嵐の日でも行きたがります...

雨の日は嫌がるから散歩には行かないんだよ~なんて話もよく聞ききますが、わが家の「きのさん」雨でも行きたがるので、雨具に長靴の完全防備で散歩に行っています。

それから、これは特にしつけた訳ではないのですが、散歩に行くようになってからは外でしかトイレをしなくなったこともあり、基本的に毎日欠かさずお散歩は朝と夕の2回行っています。

 

 

お昼寝

わが家の「きのさん」が日中は何をしているかと言うと、基本的にずっとお昼寝です(笑)

ちょこちょこ起きては、外の様子をチェックして、

お昼寝しての繰り返しです。

午後の子供たちが帰ってくるような時間になると、窓からずっと外を見て子供たちが帰ってくるの待っています。

 

 

 

お散歩2回目

2回目の散歩は夕方です。

でも...

お散歩が1日のメインイベントであり、とても楽しみにしている「きのさん」は、

15時頃からのプレッシャーがハンパじゃないのです。

めちゃめちゃキラキラした目でロックオン...(‘◇’)ゞ

犬の写真

まだ早いよ~

なんて言って無視していると、

「ワンッ!」ってダメ押し...

その後、さっきまでのキラキラした目はなくなり

マジギレの顔です...( ;∀;)

「なんやワレー!ええ加減にlせーよ!」

と、言わんばかりの顔で

朝と夕方の散歩ではコースを変えています。

夕方は少し住宅あるコースを散歩しています。

夕方は他のワンコが散歩している確率が多い道をチョイスして、

犬のコミュニケーションを図っているのです。

ちなみに「きのさん」は中型犬で、散歩の時に会うワンちゃんは中型犬や大型犬のほうが気が合う子が多いような感じがします。

小型犬の方が積極的に寄ってきてくれるので、意外にビビッてます。

あと、「きのさん」は散歩の時に他のワンちゃんを見つけると、道路の真ん中でも伏せをして待ち構え動かなくなります。

めちゃめちゃ遠くにいるワンちゃんでも伏せして待ち構えるので(涙)です...

そして伏せした後は、状態を起こさずにほふく前進で近づいて行くのです...(;^ω^)

犬の写真

 

 

夜ごはん

2回目のご飯は、みんなが夜ごはんを食べるタイミングで一緒に食べます。

「きのさん」は中型犬ですが、1日に2回に分けて与えてます。

夜の方が食いつきは良いですね!

 

 

就寝

基本的に1日の大半が寝ている「きのさん」ですが、夜みんなが寝室に行くと、やっと空いたソファを独り占めして寝ています。

ソファに飽きたら寝室に来たり、廊下で寝たりとちょこちょこ場所を変えながら寝ているようです。

外で音が鳴ると猛ダッシュで外の様子をチェックしに行っています。

「きのさん」は立派な番犬をやっているのですな。(*´ω`*)

 

 

 

まとめ

 

今回は、わが家が保護犬を受け入れてからの、犬のいる生活の1日の流れを紹介しました。

こうして改めてみると、「散歩、ご飯、寝る、散歩、ご飯、寝る」…

かなり単純ですね。(*^_^*)

家庭や飼う犬によって様々ですが、飼ってからのイメージに少しでも参考になれば嬉しいです。


タイトルとURLをコピーしました