保護犬との散歩。毎日の散歩から得られるもの

犬の写真 保護犬との暮らし

わが家の愛犬「きのさん」は香川県で保護された、元野犬のビビリな保護犬です。
そんな、保護犬との生活での経験をブログで紹介しています。

 

「きのさん」の1日の楽しみはお散歩です。

散歩を楽しみにしているワンちゃんは多いですよね。

そこで、今回は「きのさん」のとある日の散歩をレポートしていきます。٩( ”ω” )و

 

きの散歩

「きのさん」の散歩は毎日朝と夕方に分けて2回行きます。

今回はとある日の夕方の散歩を紹介します。

 

夕方の散歩コースは、比較的他の犬に会えるようなコースを選んでいます。

わが家では「上コース」「下コース」と呼んでいて、

「上コース」は、この夕方に行く比較的他の犬に会いやすいコースです。

といっても田舎なので、誰にも会わずに散歩が終わることも多いです。

犬の写真

 

「下コース」は、田んぼの方に降りていくので下コースと呼んでいます。

下コースは人に会うことが少ないですが、自然を感じられるとても良いコースです。

犬の写真

 

 

今回は、上コースを選びいざ出発٩( ”ω” )و

 

散歩の時「きのさん」はいつもルンルンで家を出ていきます。

早速、近所の小さな子供が家の前で遊んでいました。

 

「あ!きのさんだー!いってらっしゃーい!」

 

と、みんなに手を振ってもらいました。

「きのさん」は子供も大好きです。

でも、この日は散歩に何かお目当てがあるのか、子供たちを見ながら笑いながらもスタスタと通り過ぎます。^_^;

顔は横見ながら前に進むという、スーパーわき見歩行です...

戦車かっ!と突っ込みたくなるような動きをしてます。

 

出だしで子供たちと会ったのでご機嫌で散歩を続ける「きのさん」

今度は畑の横を通ると、いつも夕方にいる畑のおばちゃんに会います。

畑のおばちゃんは「きのさん!」といつも優しく声をかけてくれます。(*´ω`*)

「きのさん」も畑のおばちゃんはよく分かってるみていで、近寄って手の匂いをクンクンと嗅いでいきます。

 

大満足で散歩を続ける「きのさん」でしたがこの日は、雷が鳴りだしたので急遽ショートカットして戻ることにしました。

 

家の前にまで戻ってくると、最初に会った子供たちが「きのさん」が散歩から帰ってきたのを見つけて、「はやっ!!!」と一言^_^;

ぎくっ(;・∀・)

幼稚園にして鋭い指摘...( ;∀;)

そして「きのさん」をみると、

「本当だワン...早すぎるワン(。´・ω・)」って顔してます。

散歩時間に満足してないのと、子供たちと一緒に遊びたい抵抗からか、道路に座り込み作戦に出た「きのさん」…

 

犬の写真

 

こうなったら、一撃必殺魔法の言葉の投入です。٩( ”ω” )و

「抱っこしちゃおうかな~」

この言葉を言った途端、全力で家に帰りました。( `ー´)ノ

 

今回も「きのさん」の出会う人とのやり取りに楽しませてもらった散歩でした。

 

毎日の散歩で感じること

保護犬を受け入れてから、毎日の散歩が日課になってます。

今回のように人との触れ合いに楽しませもらうこともあれば、

自然の道を散歩して、何も考えずに頭の中をスッキリさせたりと、

犬の毎日散歩をすることで、逆に人間が整えられているような気がします。

 

毎日は大変な時もあるけれど、人との出会いや犬との触れ合い

毎日自然を感じることで四季の発見

結果、生活にプラスとなったことが凄く多くなりました。

 

さて、今日はどこの散歩コースに行きますかね。

 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


ペット(犬)ランキング

 

      

   

 

 


タイトルとURLをコピーしました